スポンサーリンク

井上尚弥が謙虚なのは父親の影響?人間性が分かるエピソード5つ!

スポーツ
スポンサーリンク

井上尚弥さんは最強ボクサーとして有名ですが、ボクシング=怖い人というイメージが少なからずあると思います。

しかし井上さんはとても謙虚で、トップに上り詰めるだけあり人間性も優れているんです!

そこで今回は井上さんの謙虚さが分かるエピソードをいくつか紹介していき、井上さんの人間性の凄さを感じてもらえればと思います(^^)/

この記事で分かる事

  • 井上尚弥の謙虚さが分かるエピソード5つ
  • 井上尚弥に関する賞賛の声
  • 井上尚弥ファンの特徴
  • 井上尚弥が謙虚な理由

井上尚弥の謙虚さが分かるエピソード5つ

井上尚弥画像

私はボクシングに対し怖いイメージがあるので、選手達も怖いと思っていました。

しかし、最強ボクサーである井上尚弥さんは、とても優しく謙虚でいい人だったんです!!

やはりトップになるレベルの人たちは、人間性も違うのだなと感動します(*^^*)

特に井上尚弥さんは”謙虚”として知られているので、どうしてそのように言われているのか、彼の謙虚さがよく分かるエピソードを紹介していきます。

スポンサーリンク

強くなっても天狗にならず、変わらないトレーニングを続けている

井上尚弥画像

思い出したのは、自らも元世界王者である大橋秀行会長の話である。

「普通は世界チャンピオンになったら、どんな選手だって多かれ、少なかれ、天狗になるもの。川嶋勝重、八重樫東ですら、少しは感じましたよ。それが尚弥にはまったく感じられない」

 大橋ジムで井上の先輩にあたる世界チャンピオン、川嶋と八重樫は謙虚な性格で知られるのだが、それでもチヤホヤされれば、チャンピオンになる前とまったく同じでいるのは難しいということだ。

 そうした状況にあっても、井上は平常心を保ってトレーニングに打ち込み続けている。父の真吾トレーナーの教えが大きいのだろう。

NumberWeb

チャンピオンになると、ほとんどの人は天狗になって人を見下してしまうようになります。

そして、自分は強いという自信から、トレーニングを怠ってしまうのが普通です。

しかし、井上さんは決してチャンピオンであることをおごらずに、チャンピオンになる前のトレーニングと変わらない努力を続けています。

もし、私だったら絶対に天狗になる気持ちは芽生えるし、トレーニングもサボってしまうと思います。

なので、これができる井上さんは本当に尊敬します!!

スポンサーリンク

井上尚弥の父が謙虚

井上尚弥画像

井上の父・真吾トレーナーの動きに注目する声も。決着の瞬間、真吾トレーナーは勝利した息子ではなく、ドネアの元に駆け寄ったのである。ドネア陣営よりも早く安否を確認し、思いやった姿に気付いた米ファンからは「シンゴは息子の元に行く前に行ったよね? 愛と謙虚さだ。私たちは日本人から多くのことを学ぶ」のコメント。

THE ANSWER

井上さんの父である慎吾さんもまた、謙虚で素晴らしい方なんです!!

勝利した尚弥さんではなく、負けた対戦相手の気遣いを真っ先にするなんて涙が出ます…。

そんな父の教えや姿勢を近くで見てきた影響で、尚弥さんも謙虚になったのでしょう。

立派なお父様で凄すぎますね(^^)/

スポンサーリンク

相手が誰でも決して舐めない

井上尚弥画像

井上尚弥さんは、相手がどんなに格下であっても決して舐めたりしないんです!

これは、ファンの間でとても有名なエピソードです。

普通は、相手が自分より弱いと分かれば舐めてかかると思います。

しかし、井上さんは相手が誰でも下にみず、対等に接します。

本当に謙虚でなければできない事なので、本当に人間が出来ているなと思います!!

スポンサーリンク

注目を浴びようとしせず、素直

井上尚弥画像

唯一懸念したのは、井上が天狗になってしまうこと。でも、彼はまったくそういう部分がない。素直で、謙虚で、練習熱心。練習一つにしても、注目を浴びると練習のためではなく「見せる」ための練習をしてしまう。井上はそんなことはまったくなく、練習の終わりにはボクシングの基本であるワンツーを必ずお父さんとみっちりと行なう。かつ、誰のアドバイスも取り入れる素直さがある。彼の強みは、そういう部分です。

VICTORY

チャンピオンになりたいという気持ちには、注目を浴びて目立ちたいという気持ちが裏にあるのではないでしょうか。

しかし、井上さんがチャンピオンになりたいのは目立ちたいからではなく、ボクシングを楽しんでもらいたいという気持ちがあると私は思います。

自分の気持ちではなく、相手の気持ちを考えられるのは素敵だと感じ、だからこそ多くの人に愛されているのだろうと思います。

そして、反発せずに素直に指示に従えるというのは、謙虚でなければできませんよね。

スポンサーリンク

強くなる程腰が低くなっている

井上尚弥画像

実は尚弥がプロ転向した時、一番心配したのがハートだった。パンチは強いし、テクニックは一級品だが、ハートだけは目に見えないから分からなかった。でも結局、彼の一番の強みはハートだった。これだけ有名になってもおごったところがなく、強くなるほど謙虚さが増し、腰が低くなっている感じさえする。だから、まだまだ強くなる。

日刊スポーツ

井上さんは強くなればなるほど、より謙虚に腰が低くなっていると周囲の人が語っています。

私ならば、勝てば勝つほど謙虚さを忘れてしまいそうです。

おそらくこれが出来る人はほとんどいないでしょう!

このエピソードが一番、井上さんが人格者である事がよくわかります。

本当に尊敬しますね。

スポンサーリンク

井上尚弥の謙虚さはファンの間で話題!

井上尚弥画像

井上尚弥さんが謙虚という事は、ファンの間でかなり有名です!

そこで、実際どんな声が出ているのかXから見ていきます⇩

挙げだしたらキリがない程、井上尚弥さんに対して「謙虚」という言葉がたくさん向けられています!

これだけ多くの人に「謙虚」と言われているという事は、本物だと分かります。

大谷翔平さんもトップレベルの人間ですが、それに並べられる井上さん凄すぎます!

Xから分かる井上尚弥ファンの特徴は?

井上尚弥画像

そんな優れた井上さんのファンになる人は、どのような人なのでしょうか?

私が感じたことをまとめます。

  • 男気が強めの男性
  • 井上さん同様、謙虚な人
  • 影の努力を理解し、人の成功を応援できる人
  • 上辺だけで物事を判断しない人
  • ボクシングが本当に好きな人

以上の5つが共通点だと私は思います。

井上尚弥ファンも、おそらく素敵な人が多い事でしょうね(^^♪

スポンサーリンク

井上尚弥はなぜこんなにも謙虚なの?

井上尚弥画像

井上尚弥さんはなぜこんなにも謙虚でいられるのか気になりますよね?

それは、井上さんがインタビューで語っていた、「ボクシングの美学」から分かります⇩

強さに憧れ、6歳でボクシングを始めた井上選手。当時から父・真吾さんに師事していましたが、”強さ”以上に教わったことがあると言います。

井上「強いということは優しくしなきゃだめ、とか、女の子・弱い子に優しくしないとだめと父から教わりました。ケンカは一度もしたことがないですね」 そんな教えを大事にしている井上選手だからこそ、ボクシングにある美学がありました。 井上「プロボクシングは不良がやっているイメージが強いと思うんですけど、そうではなくてボクシングは格闘技でもなくスポーツだと。相手を煽(あお)ったり、挑発したりもないし、スポーツマンシップとしてやりたいというのは常々思っています。『ボクシングは美しい』というイメージを持ってもらいたいです」

日テレニュース

井上さんの謙虚である一番の理由は、「父親の教え」が大きいのではないでしょうか。

小さい頃から、「強いだけでなく優しさを持つことが大切」と教えられていました。

その言葉を素直に守ってきたからこそ、今の謙虚な井上尚弥があるのかもしれません。

なので、井上さんが優しいのは当たり前ですが、それ以上にお父様はもっと優しい方なのでしょう!

父親として完璧すぎて、井上さんだけでなく、お父様のファンにもなってしまいます(*^^*)

ちなみに、井上さんの笑った時の表情はとても穏やかで優しいお顔をされているので、人柄がにじみ出ていますよね!

スポンサーリンク

まとめ

井上尚弥さんは謙虚すぎるとして有名なので、彼の人間性についてまとめました。

ファンからは謙虚で尊敬するという声が殺到しており、たくさんの人に愛されている事が分かります。

私も、井上さんの事を知れば知るほど大好きになってしまいました!

井上さんの強さの秘密は「優しさと謙虚さ」と言われていますが、本当に納得できますよね。

チャンピオンになってもトレーニングを怠らない姿勢も本当に凄いとしか言えません!!

これからまだまだ現役で活躍してくれると思うので、ボクシングに興味のある方もない方も、井上尚弥さんの事を応援していきましょう(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメント