スポンサーリンク

熱田神宮の初詣はいつまで?混雑状況や屋台出店期間もチェック!

イベント
スポンサーリンク

熱田神宮中部地方最大の参拝者数を誇る、人気の高い初詣スポットですね!

パワースポットとしても有名で、初詣には毎年200万人以上もの人が参拝に訪れるんだとか。

ところで初詣って、いつまでに行けばいいのでしょうか?

そこで今回は、初詣に熱田神宮を訪れようと思っている方に、初詣情報をお届けします!

どれほど混雑しているのか、また人気の屋台情報についても調査しましたので、

初詣の参考にしてくださいね(*^-^*)

熱田神宮の初詣はいつまでに行けばいい?

新年は『初詣』に出掛ける方が多いと思いますが、

初詣っていつまでに行けばいいのでしょうか?

初詣の期間については、一般的に『松の内』までと言われることが多いのですが、

関東地方では1月1日~7日、関西地方では1月1日~15日と、地域によっても異なるようです。

熱田神宮では、初詣期間を【12月31日~1月5日】までとし、交通規制などもあります。

ただ、この期間内に行かなければいけないということはありませんので、

2月中までを目処に参拝するといいでしょう(*^-^*)

スポンサーリンク

熱田神宮の屋台はいつまで出店している?

引用元:X(旧Twitter)

初詣では、参拝後に屋台でおいしいものを食べるのも、楽しみのひとつですよね!

熱田神宮でも、初詣期間は多くの屋台が出店されますが、いつまで出店しているのでしょうか?

「せっかく行ったのに、屋台が無かった…」なんてことのないように、

屋台がいつまで出店しているのか確認してみましょう!

SNSで、熱田神宮の屋台出店の様子を確認してみると、

三が日を過ぎて、1月15日でも屋台が出店されていました。

ただ、出店数は混雑緩和と共に減っていくようですので、

屋台を楽しみたい方は、早めに初詣に行ったほうが良さそうです!

スポンサーリンク

熱田神宮の初詣:混雑する日時は?

引用元:熱田神宮公式ホームページ

初田神宮の初詣では、どれほど混雑するのかも気になるところですよね。

そこで、ここでは混雑する時間帯を、それぞれの日にちごとに確認してみましょう。

スポンサーリンク

大晦日~元旦は混雑のピーク!

引用元:X(旧Twitter)

熱田神宮では、新年すぐに参拝したいと考える人が多いため、

大晦日から元旦の深夜身動きが取れないほど大混雑します。

大晦日の午後11時頃~元旦の午前3時頃までは、

お参りまでに2時間ほどかかることは覚悟しなければなりません…。

名古屋の地下鉄は、大晦日の最終電車から元旦の始発電車まで

30分間隔で運行しているとのことですので、

深夜でも参拝客が減ることはないでしょう。

年末の深夜は冷え込みも強まりますので、かなり厳しいですね…。

スポンサーリンク

三が日の昼間は混雑している!

引用元:X(旧Twitter)

年越しの時間だけでなく、三が日の午前9時から午後5時頃まで大変混雑します。

特に午前10時頃~午後3時頃まではかなり混み合いますので、

この時間帯でも参拝までには相当時間を要するでしょう。

日差しが出ていれば、少しは寒さも和らぎますが、

それでも1月は冷え込みますので、防寒対策必須ですね!

スポンサーリンク

『初えびす』の5日は再び大混雑!

引用元:X(旧Twitter)

三が日を過ぎれば、少しは混雑が緩和されると思われますが、

熱田神宮では、5日深夜0時~『初えびす』がおこなれるため、

ここでもまた、大変な混雑となります

スポンサーリンク

熱田神宮の初詣:混雑が緩和される日時は?

引用元:X(旧Twitter)

混雑する時間帯が分かったところで、

次に混雑が緩和される時間帯について確認してみましょう!

混雑が避けられないと思われがちですが、穴場の時間帯もありますよ(*^-^*)

スポンサーリンク

元旦の狙い目は午前4時~!

引用元:X(旧Twitter)

混雑していても、元旦に参拝したいと考えている方は、

年越しの混雑が少し解消される、元旦の午前4時以降が穴場です!

なお、午前8時からは、例年入場規制が始まりますので、

その前には参拝を済ませておくと良いでしょう。

また、昼間のピークが落ち着いてくる午後5時以降もおススメです!

スポンサーリンク

2日~3日は早朝と夜間!

引用元:X(旧Twitter)

2日・3日に参拝したいと考えている方におススメの時間帯は、

入場規制が始まる前の午前6時頃~午前7時頃です!

前項でもお伝えした通り、午前8時には入場規制が始まりますので、

それまでに参拝を済ませましょう!

また、元旦同様、昼間のピークが落ち着く午後5時以降もおススメですよ!

スポンサーリンク

三が日混雑状況の口コミをチェック!

熱田神宮の混雑を知るには、実際に、熱田神宮へ

初詣に行った方の口コミが参考になりますよね!

投稿された画像から、混雑状況を確認してみてください。

どの投稿を見ても、人が多く混雑していることが分かりますね…(^-^;

少しでも混雑緩和される時間を狙って、熱田神宮で初詣してみてください。

スポンサーリンク

初詣の混雑はいつまで続くのか?

引用元:X(旧Twitter)

三が日を過ぎると、少しずつ混雑が緩和されますが、

5日深夜『初えびす』で混雑しますし、4日以降も土日は混雑する可能性が高いです。

三が日に比べれば、だいぶ混雑は緩和されでしょうが、

屋台が出ている1月中旬まで熱田神宮は混雑しているかも知れませんね(^-^;

スポンサーリンク

熱田神宮の初詣はいつまで?混雑状況や屋台出店期間もチェック!まとめ

引用元:X(旧Twitter)

熱田神宮の初詣はいつまで?混雑状況や屋台出店期間もチェック!についてまとめます。

  • 中部地方最大の参拝者数を誇る熱田神宮は、人気の高い初詣スポットで、初詣は、毎年200万人以上もの人が訪れる
  • 熱田神宮では、初詣期間を【12月31日~1月5日】とし、交通規制などもある
  • 【12月31日~1月5日】に行かなければいけないということはないので、2月中を目処に参拝するとよい
  • 熱田神宮では、1月15日まで多くの屋台が出店しているが、徐々に出店数が減っていくので、屋台を楽しみたい人は、早めに初詣に行った方がよい
  • 熱田神宮の初詣で大混雑となる日時は、大晦日から元旦の年越しと、三が日の日中
  • 熱田神宮では『初えびす』があるため、5日の深夜も大混雑する
  • 混雑が緩和される時間帯は早朝で、午前8時の入場規制までに参拝を済ませておくと良い
  • 午後5時以降の夜間も、混雑が緩和される時間帯
  • 実際に熱田神宮へ初詣に行った方の口コミを見ると、三が日の混雑の様子が分かる
  • 熱田神宮は屋台が出ている1月中旬までは混雑している可能性が高い

今回は、熱田神宮の初詣について確認してみました。

熱田神宮は、人気の初詣スポットですが、屋台を楽しんだり

混雑を避けて参拝したりそれぞれの都合や希望に合う日時を選んで

新年のご挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

皆さま、よいお年をお迎えください…(*^-^*)

スポンサーリンク

コメント